ほか す 方言。 普段よく使う大阪弁一覧

丹後弁

ほか す 方言

動詞はコソグル,コチョグル こ ごたる ~のようだ/~したい 暑カゴタル,寒カゴタル(暑いようだ,寒いようだ) 帰ロゴタル,食ヲゴタル(帰りたい,食べたい) こ ごちゃ 背中/身体 ゴチャんカイカ(背中がかゆい) (投稿) 「五体」を「ゴチャ」と読み「身体」を意味する地域も こ こつ こと(事) いらんコツァしなはらんデチャよかバイタ(余計なことはしないでいいよ) こ ごつ ~ように,~しそうに よかゴツしナッセ(良いようにしなさい) 指ン切るるゴツ冷タカ(指が切れるように冷たい) こ こっちゃん こちらへ コッチサンがコッチャンに。 痛そうっ」って思えません。 また、網野では「書きゃひん・行きゃひん」のような「-ひん」という形も使う。 アアタにムカッテクルモンなオラン(あなたに反抗してくる者は居ない) む むげー ひどい,残酷,かわいそう ムゲー目にオウタばい(ひどい目にあったよ) ムゴカ,ムゴタラシカ,ムゲーコツ,ムゾーナゲとも む むごう とても,すごく 白鵬はムゴウ強か大鵬ン記録バ超すばい(白鵬はとても強い,大鵬の記録を超すよ) む むこづら 額(ひたい),おでこ 広辞苑には「向こう面(むこうづら)」は「さし向いになっている人の顔の正面。 音便化でオロイカとも お おわる 生える/植える こらオワットットな,オワシタツな(これは生えてきたのですか,植えたのですか) オユル,オワスとも お おんか 重い ひとっじゃオンカけんカセシテはいよ(一人じゃ思いので手伝って下さい) オムカ,オブカとも お おんじゃく チョークのような石 石を焼いて布に包み体を温めるものとは別に,固い地面や壁へ落書きができる軟らかくて白っぽい石 お おんなさる いらっしゃる,居られる 社長さんなオンナサルですカ(社長さんは居られますか) 「居る」の敬語,「女猿」ではないよ お おんなし 同じ オンナシバイ(同じだよ,「女芝居」ではない)「同じ」からの変化,オンナシタイ,オンナシカ,オンナジカ,オナシカも お おんなはる いらっしゃる,居られる オイデナハル,オイデル,オイヅル,オンナサルも「居る」の敬語。

次の

全国共通じゃないの?「方言だと思ってなかった方言」コレクション

ほか す 方言

「まつめる」「なとべる」とも。 こんな場所では 立てれないよ。 ケタクルやケッタクルとも け ~げな ~そうだ,~とのこと 昔々のこつゲナ(昔々のことだそうだ) 伝聞,外部情報からの推量を表わす ゲニャとも け けまつるる つまずく ソギャンあわつっと ケマツルルばい(そんなに慌てるとつまずくよ) ケマツレルとも け けん から(助詞) 走ってこらしたケンきっちゃシトラス(走って来られたので苦しそうにしておられる) け けんどか ひどい,無愛想 ケンドカ物言い(無愛想な物言い),ケンドカ人(ひどい行為をする人) 共通語のツッケンドンに近い こ こうしゃか 賢(かしこ)い コマンカ子ばってん コウシャカばい(小さい子だけど賢いね) 巧者か(?) こ こうた 買った 「買って来る」は熊本弁では「コウチ来る」,「借りて来る」が「カッテ来る」,カッテキテは「借りて来て」 こ こうだいか 高価な,希少な,貴重な 貴重,希少,高価を総合した意も。 天草ではホタユル と どこんかしこん 到る所,どこもかしこも ドコンカシコン痛してナラン(いたる所痛くて仕方ない) ドコンココンとも と どしこ どれだけ,いくつ,いくら ドシコてな,ソシコたい(どれだけ,それだけだよ) 球磨では「沢山」という意味も。 「西海道」九州。 九州地方のたくさんの方から多く寄せられました。

次の

ほかす、かしわ、いきしな…「関東では通じない関西弁」が話題

ほか す 方言

ナ行・マ行で始まる動詞にだけ,他はヒツ。 イキナリとは「直に,そのまま」以外に「突然,すぐ」の意味もあり,すぐできる団子の意味だと紹介しているものもあるが,すぐにはできない い いきなるか (整理整頓に)だらしない,不精 ギャンほっちらかしてイキナルカばい(こんなに散らかして だらしないよ) イキナリダゴに「イキナルカダゴ」説(?)も い いくり スモモ(李) 辞書には庭梅(漢名は郁李)のことと,熊本ではスモモ(李)。 なんちゃ~ない 「全然~ない」という意味で「なんちゃ~ない」をよく使います。 たたくとガンガンと大きな音がするから?小さい缶をカンカン か かんなし 無鉄砲,勘が悪い 人の気持ちや場の雰囲気を無視した言動,またはそういう人。 このときに香川の人は、「喉がはじかい」を使わないとどうしてもしっくりきません。 断定の助動詞「や」も北部でしか使われない。 動詞はアオス あ あおたるる 顔色が悪い(青い) 朝ッパチかる青タレチ どぎゃんシタと(朝っぱらから顔色が悪いぞ どうしたの) あ あかか 赤い/明るい アカカつバはいよ(赤いのを下さい) もうアカカばい(もう明るくなったよ) 「アコなった」は「赤く」や「明るく」に あ あかちゃかべっちゃか 赤んべ,拒否・軽蔑の意 瞼(まぶた)の下を引き下げ赤目を見せる動作。

次の

ノート:日本語の方言の比較表

ほか す 方言

コッチャン(こっちへ),ソッチャン(そっちへ),ドッチャン(どっちへ)も あ あって しかし 「~を持ってケー(来い)」と言われ,それが無かった時「あって,なかもん(しかし,有りません)」と (投稿) あ あっている 行なわれつつある(進行形) 会議んアッテイル(会議が行われている)(投稿) 「アットル」が方言で「アッテイル」は共通語と思っていた あ あっとる しつつある(進行形)/済んだ(完了形) 試合はあっトル(試合は今行われている,進行/試合は既に終わっている,完了) あ あてっぽし あてずっぽう 確かな根拠なく単なる勘に頼ること。 一時期、遠州弁と三河弁のページに、「じゃん」について、横浜弁という説があると書かれていましたが、実は、その本に「甲府商人の人が横浜へ行って、~じゃんを使ったから、~じゃんの起源は横浜弁と勘違いされることが多い」と書いてありました。 民謡おてもやんの歌詞に「村役鳶(とび)役肝(きも)入りどん」 き きゃあ 軽い決断,強意の接頭語 キャア巡ろう,キャア飲ム,キャア逃グル等々,後に続く動詞の語意・動作・決断を強調または促進する き きゃあた 貸した/書いた/描いた カシタ,カイタがキャアタに音変化。 一発カマセル(一発食らわす),屁ばカマスル(屁を食らわす) か がまだす 精出す,励む,働く アータがたハ よう ガマダシなはるナ(貴方たちは実によく働かれますね) がマダス人をガマダシモン か がめ 亀(かめ) 亀だけでなく,スッポンも言う。 」と言われて、何のことかわからずにうろたえていると、上司が「もうええ、わしがほかす。 『まんが道』の1巻を読み終わらないうちに、まんが道の世界では「がや」=「のだ」であることは文脈から理解できたが、30年以上名古屋弁に触れていても名古屋弁の「がや」と「のだ」に共通性があるとは思ったことがない。

次の

熊本弁一覧表(熊本の方言)

ほか す 方言

フンポガスやフンポグルとも。 スモモとイクリ(郁李)が同じものとは! い いくる 食が進む/(上部を出して)埋める あーたァまだイクッど? ンニャもうイケン (あなたはもっと食が進むでしょう?いや もう食べられません) こけソン石ばイケチはいよ(ここにその石の上部を出して埋めて下さい) い いげ とげ(刺),いが,小骨 栗んイゲンぬかってイタカッたい(栗のとげが刺さって痛いんだよ) 魚の小骨も い いごく 動く ソコかるイゴキなすなよ ソケじっとシトキナッセ(そこから動かないでね そこにじっとしていて下さい) い いさぎゅー 非常に,とても イサギュー元気んヨカな(とても元気がいいですね) イサギー,ムゴーとも (投稿) い いさっか 大変多い(県北)/元気がいい(県南) 同じ言葉でも県南と県北では違った意味で使われている,両方の意味を使い分けている地域も。 名詞はモグリ(ごまかし,不法,不正) も もだゆる 急ぐ,あわてる そぎゃん モダエチ どぎゃんシナハッタツな(そんなに急いでどうされたのですか) モダエルとも も もっこす 頑固もの,偏屈もの,石頭 「アン人ぁ モッコスだけん・・・」など,元々マイナスイメージとして使っていたが,良い意味での反骨魂にも も もつる 長持ちする/人気がある モツルは共通語の「持つ」,モツルルは「縺(もつ)れる」混同しないように。 名詞はショノミ,ショナミ し しよる ~しつつある 座リヨル(坐りつつある),食イヨロか(食べ始めておこうか) 動作や変化の進行中を表わす助動詞 し しょんなか 仕方ない,どうしようもない 居ったちゃ ションナカけん キョアー戻ろか(居ても仕方ないので帰ろうか) ションニャーとも し しわがるる 干からびる,水分がなくなる 「声がしわがるる」以外に,「草や手などがシワガルル」等も。 タカンは「竹の」「タケン」の,ポは「筒(とう)」の音変化?竹ぼうきをタカボウキとも た たきもん 薪(まき,たきぎ) クドに タキモンば クベちハイヨ(かまどに薪を燃やしてください) 焚き物からの音変化 た たぎる 熱くなる(固体にも) 共通語では液体だけだが,熊本弁では固体や気体についても使う 石んタギットル(石が熱くなっている) た たきわる 事業に失敗する,破産する 炊き割る。 「オルゲント(私の家の物)」とは,まるでドイツ語? け げーら 蛙(かえる) 「ゲーラ」鳴き声からか。

次の

「ほかしといて」の意味とは?いま、「方言」を使った地域活性が面白い

ほか す 方言

- 丹後弁から名付けられた作品。 コル,ソル,ドルも あ ある する,(具合で)ある どうアリますか,どうアラレますか(どうされましたか,どんな具合ですか) どぎゃんアット(どんな具合なの) あ あるかいた ありません/ありますか いつまっでちゃアルカイタ(いつまでもありません) まあだアルカイタ(まだありますか) 意味に注意! (投稿) あ あるしこ あるだけ全部 アルシコ持ってイキナッセ(あるだけ全部持って行きなさい) (投稿) あ あんじゃもん お兄さん アンジャモンなイサッカばい(お兄さんは元気がいいよ)敬意を込めるとアンジャヒト アネジョ(姉さん) あ あんパン あのパン アンは「あの」。 やっぱり「ちみきられた」と言われないと、「わ! いちびる(調子にのる) えげつない(ひどい) 押しピン 画鋲 かしわ 鶏肉 蚊に噛まれる 刺される さぶいぼ(とりはだ) すこい ズルい だんない 別にいい、問題ない てれこ(交互) ほたえる(騒ぐ、あわてる) モータープール 駐車場 「えー、これ通じないのか?」と驚く関西人もいるだろう。 ジンベン試験に通ったコッタイ(よくもまあ試験に合格したことよ) す す 穴,空洞 スンヒャアッタ大根(スカスカの大根),ジゴ(尻)ンス(尻の穴),ハナ(鼻)ンス(鼻の穴),ミミ(耳)ンス(耳の穴) す すいか 酸っぱい こらスイカ(これは酸っぱい) スユカとも。 なんとなく話の流れの中でスルーされていたのか、会話が成立しているようでも実際は通じてなかったのかも...... アンした ヤセヒゴケち シマワした(あの人は痩せてしまわれました) ひ ひして 一日中,終日 「日一日」のヒヒトヒがヒヒテ,ヒシテと音変化。 ほかに、宮津市の吉津・宮津などで「読んどいでる」のような形の敬語がある。

次の