いい な さん な 方言 どこ。 物語でおじいさんがいう「~じゃ」「~ゾイ」ってどこの方言なの? | 3分雑学「なべのけしき」

どうしたらいいと?!

いい な さん な 方言 どこ

今回は、神奈川県・埼玉県・千葉県の「え!コレって方言だったの?」ネタをご紹介します。 わら縄で織りあげた厚手の筵(むしろ)。 今日は居ンナハルド(今日はいらっしゃるでしょう) モウ来っド(もう来るだろう) と どうか うわぁ,どうだろうか 感心した時,驚いた時,あきれた時などに出る「うわぁ,どうだろうか」と言った感動詞 (投稿) と どうし すごい/なぜ こらドウシ(これはすごい!立派な時もひどい時も) ドウシ来んと(何で来ないの) 「なぜ」の場合ドシとも と どうでん どうでも,どうしても ドウデンこうでん(どうでもこうでも,どうしても) ドウデン良か(どうでも良い) と どうなりこうなり どうにかこうにか ドウナリコウナリでくるこたデケタごたる(どうやらこうやら出来ることは出来たようだ) と とうまいぶくろ 麻(あさ)でできた袋,麻袋 唐米袋(?),トウキビ(唐黍)と同じく中国伝来の意味か(?) と どうろこうろ どうにかこうにか,ほどほどに ドウロコウロでけたごたる(どうにかこうにか出来たようだ) ドロコロすっと(どうかすると)とも と とーし いつも,ずっと トーシ遊ソンドル(いつも遊んでる) イツカルシジュウも同じ意味 (通し?) と とーとーと (鶏を呼ぶ)呼び声 トートートートート(庭に放し飼いにしているニワトリを呼び寄せる呼び声) 今では放し飼いもなく死語か と とーべ 稲束,稲を積み重ねたもの トベとも,稲わらを円く積み重ねたものも。 ただし、弱い命令形、あるいは依頼のニュアンスを含む場合、標準語でエ段音 (「-て (下さい)」) となるのに対し、北九州弁ではイ段音となる (例:「見ぃ」「着り」「食べり」「調べり」「来(き)ぃ」) か、「-ちゃり」(例:「しちゃり」) という接尾語が付くことが多い。 八代では「みじょか」(美女か?)で,かわいいと言うよりは美人という意味(投稿) む むぞがる 可愛がる 蝶よ花よとムゾガッてバッカシたい(蝶よ花よと可愛がってばかりですよ) む むぞなげな かわいそう/可愛い 「かわいそう」と「可愛い」の両方の意味が,愛憎は紙一重。

次の

面白い新潟弁★笑われちゃう方言のセリフ10選

いい な さん な 方言 どこ

ウォーターヒヤシンスとも た たかか,たっか (価格,高度,気温が)高い 1万円テナ そらタッカばい(1万円と言うことですか それは高いよ) (投稿) タカカー,タカサーと伸ばすと強意 た たかんぽ 竹の筒 竹の筒を水筒や弁当箱にした。 「月初めに前月のカレンダーをはぐる」。 宮城人が方言だと思っていなかった方言って、一応標準語にもある語彙じゃないですか……?(だからこそ逆に気づきにくいのかもしれませんが) それでは次に北陸と関東甲信越あたりをまとめて見ていきましょう。 そうそう、小さいカブトムシ(きっと種類が違うんだろな)のメスは「コブタ」って呼んでました。 ちょっとソコマジ(ちょっとそこまで) 5時マジ帰るバイ(5時まで帰るよ) ま まぜくりかやす 混ぜてしまう,邪魔する マズル(混ぜる)に強意の接尾語を付けたのだが,「邪魔する,混乱させる」意味にも ま まちっと もう少し ソラたかかマチットまけちハイヨ(それは高いもう少し負けて下さい) マチーットとも ま まちなんか 待ち遠しい ナンもセンで待ットトも待チナンカね(何もしないで待っているのも待ち遠しいね) 待チナガカとも ま まっしゅ ~ましょう(勧誘) ソンナラ今カル行きマッシュ(それなら今から行きましょう) 勧誘の助動詞 ま まっすんか 真っ直ぐ,真っ直ぐな マッスンカ棒(まっすぐな棒) コン道ゃマッスンカ(この道はまっすぐだ) ま まっせ ~下さい(敬意の助動詞) お出でマッセ(お出で下さい) 「お出でナハリマッセ」とナハリを付ければ更に敬意が増す,クダハリマッセも ま まっせん ~ません(気持ちを込めて) 知りマッセン,済んマッセン,ありマッセン,行きマッセン。 、(映画) …共に北九州を舞台とする映画のため、登場人物の会話に北九州弁が使用されている。 ) だ、や (但し、「〜ね」「〜もん」「〜けん」「〜し」を伴う。

次の

日本語の方言の比較表

いい な さん な 方言 どこ

ゲエズ,ゲスとも け けそけそ そわそわ,キョロキョロ 落ち着かない様子,ケソケソスルとかケソツクなどの動詞も キョソキョソとも け けたくそわりー 胸糞が悪い,不愉快だ 朝かる茶碗の割れちケタクソワリー(朝から4茶碗が割れて不愉快だ) ケッタンクソワリーとも け けたぐる 蹴(け)る,蹴り上げる タグル(タクル)は前の動詞を強調する接尾語。 「割り込み」のこと(千葉県) 「掻く」の意味で「かじる」。 ヒシテじゅうとも。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 「怖か」とは別。 『あれ!? 使う時は「大ばらっけしてるときに来た」「ごめんね~今大ばらよ」と使います。 マッポシ あてちミナッセ(ずばり 当ててみて下さい) 真星(?) ま まつぼり へそくり お金に限らず,商品や産物などをこっそりと。

次の

『え!コレ方言だったの?!』関東出身者が標準語と勘違いしている神奈川・埼玉・千葉の言葉まとめ

いい な さん な 方言 どこ

そして「ぶしょったい」「しょろしょろ」「じょんじょん」「どしょっぱつ」など、「しょ」やら「じょ」の音が多いのも気になるポイント。 「ダサい」の意味です(茨城県) 「ずるこみ」。 頭ン毛ンウズク(名前をどうしても思い出せない。 虫クレはコケ入れちハイヨ(虫食いはここに入れて下さい) ムシクリャとも む 虫のせく 腹が痛む 他に,好きな遊びや趣味等を我慢しているのを思い出して居た堪れなくなることも言う。 竿ントッパサキ(竿の先端),話んトッパサキばっかし聞イチ(話の端ばかり聞いて) と とっぺん てっぺん,頂上,先端 山んトッペン(山の頂上)。 単に見ることを要請するのではなく、発話者に不満があることを相手に示唆する。 アンシタ何ば着タッチャようハルル(あの人は何を着てもよく引き立つ) は はわく 掃(は)く はよハワカンね(早く掃きなさいよ) 共通語と思っている人も多い(掃くを「はわく」と読んでしまう) は ばんこ 木製の台,腰掛け,縁台 木製の大きな腰掛け台,ポルトガル語bancoが語源(英語のbench)からの外来語とのこと は ばんばん 幽霊(ゆうれい),お化け 暗(くろ)ナルとバンバンさんノ出らすバイ(暗くなると幽霊さんが出られるよ) 幼児語 は ぱんぱん メンコ(面子) 絵入り厚紙の玩具,地面にたたきつけて風の力で他人のものを裏返して取り合う遊び。

次の

賛否両論の朝ドラ“方言” 再現どこまで?

いい な さん な 方言 どこ

イロク,ヒアガルとも い いんね いや(否),違う イヤ,インヤ,インニャ,ウンネ,ウンニャ,ンニャ,ンネなども い いんのくそ ものもらい,麦粒腫 まぶたの一部が赤くはれる病気。 アセルに強意の「ぐる」を追加してアセグルやアセグリマワスとも あ あたじゃ 急に,慌てて,取り急ぎ アタジャこらすモンだけんオオゴツたい(急に来られるもので大変です) アタージャ,アタジャー,アタデとも あ 頭ん毛んうずく いら立つ,いらいらする 名前ばドギャンシテン思い出せん。 ウラジロとともに縁起物とされ正月のお飾りに用いられる。 ヒュウトリとも ひ ひょうぐる おどける,ふざける ぬしゃヒョウゲモンだったモンナ(あなたはおどけ者だったね)おどける人がヒョウゲモン ひ ひょうげもん おどけ者 ヒョウナ(変な)のヒョウが動詞化したものがヒョウグル。 トッペンとテッペンどっちが方言か迷うことも と とな ~のか(疑問を表す助詞) 「ドクサン行くトナ(どこに行くの)」が「ドクサン行くト」や「ドクサン行くナ」(どこに行くのか)より柔らかい と とばしゅる 水しぶき,とばしり トバシュルの ヒッカカルばい 水しぶきがかかるよ) 飛んできた汁,シュルは汁 (投稿) と とびしゃご 鳳仙花(ホウセンカ) 数十年前の女子はこの花びらをすりつぶして爪を染めて遊んだ。

次の

全国共通じゃないの?「方言だと思ってなかった方言」コレクション

いい な さん な 方言 どこ

例えば「きれいだねぇ」が「きれいやのぅ」となる。 ナットウは「醤油の実」 ね ねぶか 眠い ネブしてナラン(眠くて仕方がない) 動詞「ネブル」は「眠る」の外に「独楽が一点に静止して回る」意味にも ね ねぶれる (使い込んで)刃が鈍くなる コン小刀はネブレチしもうたゴタル イッチョン切れん(この小刀は鈍くなってしまったようだ全く切れない) ね ねまる 腐(くさ)る/話がもつれる(芦北)/物事がうまくいかない(県北) こらネマットルばい(これは腐っているよ) 腐敗前の「酸っぱい臭いがする程度」を指すことも。 「やかましい」とか「軽くうざったい」の感覚(青森県) 「でかす」。 」間違えても「嫌だったら、死んでもいいよ」という意味ではないので、お間違えなく。 ブッブが来るケンあぶなかバイ(自動車が来るので危ないよ) (投稿) ふ ぶて 万事休す,処置なし 無手(むて)からの音変化。 ジュタジュタ(水に濡れている状態)も し じゅったんぼ 泥水溜り,ぬかるみ ジュチャジュチャで田んぼみたいになった水溜り,ジッタンボとも。

次の

かっこいい大阪弁一覧★関東人にもてる方言の言葉10選

いい な さん な 方言 どこ

でも同一の意味で使用される。 ウチナンチュー(沖縄の人)にも人気のある言葉なんですよ。 埼玉県や北関東地方に加えて、全国的に使われているが、イントネーションに地域差がある。 アッチャン,コッチャン,ソッチャンも と どっでん どれでも 「ドルが良カな(どれが良いの)」「ドッデン良かバイタ(どれでも良いですよ)」 と とっと ~しているの アットット(会っているの),イットット(行っているの),ウットット(売っているの)・・・。 「いがんでるからなおして(=ずれてるから整えて)」と言ったら関東の友人に伝わらなかった(大阪府) 「~してる」を「~しとう」と言います。

次の

山形県の方言「おしょうしな」の意味!どんな気持ちを伝える言葉なの?

いい な さん な 方言 どこ

それが言葉にも現れてくるのでしょう。 コン餅ゃコヲなっとる(この餅は固くなってしまってる) こ こわる 凝る,筋肉が痛くなる 久しぶり走ったケン足んコワッとるばい(久しぶりに走ったので足の筋肉が痛くなってるよ) こ こんくりゃ このくらい コンクリャあっとヨカな(このくらいあると良いの) ソンクリャ,アンクリャ,ドンクリャなども こ こんちょか 小さい コマカ,コマンカ,コマンチョカ,コンチョカと変化していったのか 動詞はコマムル,コマメル さかしか 賢い/元気(県北) サカシカ子供バイ(賢い子供だよ/元気な子供だよ) 賢い(県南)/元気(県北)か(?) さ さかたくり 反対に,逆さまに シャツば サカタクリ きとっド(シャツを反対に着ているんでしょう) サカタクリン(真っ逆さま)も さ さしより とりあえず,さしあたり サシヨリ こるば着トキなっせ(とりあえず これを着ておきなさい) さ さす(咲す) (花が)咲く シガンバナんサシトル(ヒガンバナが咲いている) サシトルをサイトルとかシャアトルとも さ ざぜまめ 座禅豆,大豆の甘辛煮 僧侶が座禅の前に小用を減らす為に食べたという座禅(ざぜん)豆が音変化してザゼマメ さ さっかる さっき,先刻より サッキカルがサッカルに。 「踏みつぶす」はフンシャグやフンポシャグ ふ ふんぽしゃぐ 踏み潰す ソン空き缶ば フンポシャイでハイヨ(その空き缶を踏み潰してください) フンシャグとも へ べーろ 舌 恥(ハツ)カシかっタツばい ベーロば出サシタ(恥ずかしかったのだ 舌を出された) へ へき 背中 ヘキの痛(いと)シュウテでけん(背中が痛くてしょうがない) 壁(?) 県南,県北ではゴチャ へ へぐろ かまどや煙突のスス 竈の黒墨 へっついのくろすみ から(?) なべ底ンヘグロ(なべ底のスス) 最近は竈(かまど)もなく死語 へ べべ 汚いこと/着物(幼児語) そらベベカけん カカンナスナ(それは汚いから触らないで) オベベ(着物),ベベカ(汚い)とも へ べべか 汚い ベベカ手ジャ カカンナスナ(汚い手では触らないで) ベベタカ,ベッベとも へ へへる (屁を)放(ひ)る 身体の外に出す。 「困る,駄目」の意も。 程度が大きい場合,ソネカヤル,ソネクリカヤル,ソネバル,ソネクリカエス,ソネクリカヤスなども そ ぞびく 引きずる 床に垂れ下がったまま引きずること。 17 作成. 「ぐだぐだしてないで」という意味です(静岡県) 「じょんじょん」。 一日おきをヒシテゴシ,ヒシテオキとも。

次の