クリスティ ハイ テンション。 クリスティ・ハイテンション 2

クリスティ・ハイテンション 2

クリスティ ハイ テンション

一時期はパリに移り住んでいたが、LM『The Adventure of Poker Scandal』にてロンドンに戻ってきた旨が描写されている。 スペンサー夫人の紹介で取材先を得ていた。 ヴェラ ミナの侍女兼腹心。 音楽や刺繍などクリスティが不得手としている部分については、それらは職業化されているので不得手なクリスティ自身が嗜む必要は必ずしもないと発言するなど、物語の当時としては先進的な考えの持ち主として描写されている。 ヤード資料室からクリスティをホープ家に送る役目をグレグスンから言い付かるが、その際出合ったアンヌマリーが気になる様子。 」と感激のあまり万歳三唱させた。

次の

クリスティ・ハイテンション 1

クリスティ ハイ テンション

イートン校、オックスフォード大学を出た秀才。 穏やかで温和な性格であると同時にしっかり者の一面も見せ、アンヌマリーと共に、時に暴走しがちなクリスティとノーラを抑える役割も担う。 アンヌマリー本人はまだまだ産むつもりで手狭になった店は専任の店長に任せて経営に専念したい模様。 グレース・アメリア・ダンバー HT第2章にて容疑者として初登場。 顔つきや体つきが魅力的で、その容姿のせいで派遣先の屋敷でトラブルが頻発したことから、コネリー夫人の嘆願もありクリスティの元へ預けられる。

次の

クリスティ・ハイテンション 1

クリスティ ハイ テンション

鞭使いのメイドのノーラ。 父親と船旅で横浜へ寄航する際、船上でミナと出会う。 謎解きを延々とワンパターンで見せられると、数話で飽きる。 クリスティの依頼でヴェッポの家宅侵入を息を潜めて待つ。 C Kaoru Shintani. ケイト アンヌマリーの学友。 アーサー・ギブスン 元アメリカ海軍士官。 17歳となったクリスティは、ロンドン郊外のハムステッドで父公爵の名代としても活動していた。

次の

クリスティ・ハイテンション 1

クリスティ ハイ テンション

[] この項目は、に関連した です。 『The Adventure of the Six Napoleons』 [ ] (HT第7章『』) ジョージ・グラハム・ハート バーニカット 医者。 コナン・ドイルによるシャーロック・ホームズシリーズの中で当該事件名が語られるものの、対応する作品がドイルにより執筆されていない事件を指す。 で盗難にあった100カラットのイエローダイヤ「マザラン・ダイア」の捜索をホームズに依頼する。 また、新谷は66歳の誕生日を迎えたことと、LM最終回の脱稿を期して休筆を宣言している。

次の

“都合がよければすぐ読んでくれ――都合が悪くても読んでくれ。S・H”「シャーロック・ホームズ マンガ」ベスト3 作家・翻訳家 北原尚彦さん【目ききに聞く】

クリスティ ハイ テンション

なお本作では行動派で積極的に出歩き、ステッキを振るう立ち回りまで演じている。 エルシー・キュビット アメリカ人。 14歳。 『The Five Orange Pips』 [ ] (HT第8章『』) ジョン・オープンショウ ホーシャムに住む紳士。 船を襲撃しても必要以上の殺しはせず、鮮やかな手口と逃げ足の速さから「の大鼠」と呼ばれる。 奴隷を擁護するホプキンスを快く思っていなかった。 「バスカヴィル家の犬」 17世紀中期、乱暴な放埓者だった当時の当主ヒューゴ・バスカヴィルを夜の沼地で食い殺したという、伝説の魔犬。

次の

クリスティ・ハイテンション

クリスティ ハイ テンション

2人目の子供も身ごもっており、『The Adventure of The crutch of aluminium』ラストで息子・ヘンリーを出産。 また、記述の簡略化のため『クリスティ・ハイテンション』を HT、『クリスティ・ロンドンマッシブ』を LMと省略する。 フェンシングの心得があり、『The Adventure of the Giant Rat of Sumatra』においてホープ邸がサグによる襲撃を受けた際にその技前を披露した。 が、踊る人形の落書きを見るなり卒倒し、日ごとにやつれていく。 一年前にエルシーと出会い、エルシーの示した条件「過去を一切問わないこと」を受け入れ結婚する。 ヘンリー・ファーガソン ロバートの兄でコニーの父。 ミナ・ヴラド(ミナ・ツェペッシュ) 旅行中、ハリエット家のパーティに招待され立ち寄り、その席上でクリスティと知り合った。

次の

クリスティ・ハイテンション 1

クリスティ ハイ テンション

そして「踊る人形」。 そして事件を通じて出会った家庭教師のグレース・ダンバー。 88年9月、ロンドン消印で「オレンジの種五つ」の入った手紙を受け取り、過去のいきさつからホームズを訪れ相談するが、その帰路事故死する。 アレクサンダー・ホープ伯爵(公爵) クリスティの父。 ポルトガルに高飛びさせられて配下として使われることになる。 各話の登場人物 [ ] 各話タイトルとともに、正典の一般的な日本語タイトルを併記する(但し、本作の呼称とは必ずしも一致しない場合がある)。 またLM『The Adventure of Poker Scandal』にて警部の階級で呼ばれている。

次の

“都合がよければすぐ読んでくれ――都合が悪くても読んでくれ。S・H”「シャーロック・ホームズ マンガ」ベスト3 作家・翻訳家 北原尚彦さん【目ききに聞く】

クリスティ ハイ テンション

ジェイムズ・カルフーン アメリカ船籍ローンスター号の船長。 アメリカで上院議員を務め、アーサーと知り合い養子に迎える。 その天才的な観察眼と推理力、そしてアクの強い個性的なキャラクターを主役とした物語は、マンガにおいてもかっこうのモチーフ。 魔夜峰央が紹介しているということは非常に昔からいるマンガ家なのだが、そんな古いマンガ家が今の時代でも読める作品を売っているというのは非常に興味をそそられたからだ。 また、LM『The Adventure of The crutch of aluminium』ではクリスティが「(ウィリアムはモリアーティーを)ロンドンの闇と呼んでいる」と語っている。 殺人・窃盗・偽造などの悪事を楽しむように手を染めている。

次の